ケーススタディ
CASE

CASE 07 結露しない冷蔵・冷凍庫とは

冷蔵庫・冷凍庫で発生する結露問題は、多くの食品関連施設が抱える問題です。
結露が発生するメカニズムは、暖かい空気と冷たい空気では、空気中に含むことができる水蒸気の量が異なり、暖かい空気は多くの水蒸気を含むことができるのですが、空気の温度が下がって冷たい空気になると「飽和水蒸気量」を超えるため、余分な水蒸気が水になります。
冷凍・冷蔵庫内で結露が起きる原因は、高い湿度による水分が原因です。冷凍・冷蔵庫の扉を開けた際に、隙間から水を含んだ暖かい空気が冷凍庫内に入り、結露になりますが冷凍庫の場合はマイナス温度帯のため凍結してしまい「霜」が発生する結果になります。同様に冷蔵庫の場合は凍結せず「水」の状態となりますので結露を放置しているとカビや雑菌の繁殖にもつながる事から、早急に解決しなければなりません。
小さな冷蔵庫・冷凍庫のドアに付いたちょっとした露であればタオルでふき取るなどで簡単に取り除けますが、すべての結露を手作業で取り除くのは現実的ではありません。

冷蔵・冷凍庫に発生した結露、霜の付着による弊害とは

冷蔵・冷凍庫に発生した結露、による弊害は次の通りです。
一般のご家庭でも結露は食品に悪影響を及ぼすことがあります。食品工場では一般のご家庭以上に食品の衛生管理が重要になるため配慮が必要となるため結露が発生すればすぐに解決しておかなければなりません。食品だけではなく、床の凍結による転倒災害等の労働災害にも繋がるため、従業員の安全等も考え、結露対策や霜対策は重要な課題になります。

冷蔵・冷凍庫の結露や霜の付着が発生しないための対策

冷蔵・冷凍庫の結露、霜の付着を発生しないための対策として次のことが挙げられます。 結露対策として上記の4つの基本を抑えておくと良いでしょう。なお、施設の構造や設置する設備、運用方法によって結露対策は変化してきますので、ご注意ください。
冷凍庫に霜が付着すると、冷却機能の低下や建物の劣化に繋がるため、霜が発生した場合はこまめに取り除くようにします。

霜の除去方法
金属性の工具やヘラで削るのは、冷凍庫を傷つけたり、冷媒ガスが漏れる原因になるため避けてください。
熱湯をかけることも設備の変形や損傷の可能性があるためお勧めできません。

自然解凍が最も安全な方法ですが、冷凍庫内の荷物を別の冷凍庫に移動させる必要があります。また、荷物を移動できるだけの冷凍庫が無ければ現実的に難しくなります。

このようなことから、結露・霜を発生させないための予防策をしっかりと行うことが重要といえます。

結露問題を解決する5つのステップ

食品工場の衛生管理対策


動線計画の最適化とは

お問い合わせ

FACTAS®の食品工場実績
PERFORMANCE

Copyright © 2021 SANWA GENERAL CONTRACTOR Inc.
All rights reserved.