ケーススタディ
CASE

CASE 12 建築関係法令適合工場・倉庫とは

敷地内の建物を建築関連法令に適合させることは建物所有者の責務です。例えば工場・倉庫が防火避難規定に適合していない場合、万が一の火災時に従業員を危険にさらすことになります。また、不適合建築物がある場合、当該敷地内への新たな増築申請が困難になります。 建築関連法令に精通した技術者が、法適合性のチェックをして合理的な改善策をご提案します。
食品工場や食品倉庫・冷蔵倉庫等の施設は環境衛生面の必要性から2016年12月に公表された厚生労働省の食品衛生管理の国際標準化に関する検討会において、HACCPによる衛生管理の手法を導入し、日本で作られる食品のさらなる安全性の向上を図ることが提唱されました。2018年の制度化公布に伴い、農林水産省も食品製造過程の管理の高度化に関する臨時措置法(1998年法律第59号)に基づき、積極的に導入を進めておりますので法適合性やHACCPのチェックをしてコスト・予算に合わせた合理的な改善プランをご提案します。

法適合化の流れ

HACCP導入と制度化の必要性について

工場建設で知っておくべき法律

建設関係法令やHACCP適合工場・倉庫を建設する際はぜひ三和建設へご相談下さい。
既存資料や簡易目視調査によるコメント作成・調査費用のご提示を無料で見積いたします。
ご興味ある方は下記のボタンからお問い合わせください。

お問い合わせ

FACTAS®の食品工場実績
PERFORMANCE

Copyright © 2021 SANWA GENERAL CONTRACTOR Inc.
All rights reserved.